スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫 経済的損失回避へ、封じ込め徹底(産経新聞)

 宮崎県で拡大を続ける家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫。感染の疑いがある家畜の出た農場などは200カ所に達し、牛や豚など14万頭以上が殺処分の対象となった。主な発生現場の半径10キロ圏内では、感染の疑いがない牛や豚にも“時間稼ぎ”のためワクチン接種を行い、すべて殺処分される。農家は「感染していない牛や豚まで…」とやりきれない。徹底した対策の理由は何か。

(高橋裕子、菅原慎太郎)

 口蹄疫は牛や豚以外にも羊、ヤギ、シカなど蹄(ひづめ)が偶数に割れている「偶蹄目」が感染する家畜伝染病。ウイルスに感染すると、1週間から10日前後で発症。舌や口の中、蹄の付け根など皮膚の柔らかい部分に水疱ができ、発熱や大量のよだれなどの症状が出る。

 口内や足の水疱が裂けると痛みでエサが食べられなくなったり、歩けなくなったりしてやせ衰えるが、それでも死ぬのは成長した動物なら数%程度。その上、農林水産省は「人には感染しない。感染した牛や豚の肉や乳を口にしても人体に害はない」という。

 それでは、なぜ政府は口蹄疫の封じ込めに躍起になっているのか。一番の理由は、家畜の経済的な価値の下落だ。

 「口蹄疫の経済的なインパクトは強い。最も警戒すべき家畜伝染病の1つだ」。農水省の疫学調査チームの明石博臣東京大大学院教授(動物ウイルス学)はこう解説する。

 家畜が次々にやせ衰えれば商品価値が落ち、高品質が売りのブランド和牛などは価値を失う。国内外の消費者の和牛に対するイメージも落ちる。「日本の畜産にとって経済的ダメージは計り知れない」(畜産関係者)といい、最近では宮崎県から遠く離れた関東地方の畜産農家からも「他人事ではない」と不安の声が上がるようになった。

 さらに、口蹄疫の伝染力は強い。感染した動物の体液や便への直接接触はもちろん、さまざまなルートで伝染する。ワラなどの飼料に付着したウイルス、空気感染…。どんなルートなのか、専門家にも明確に分からないことが多いという。

 殺処分が決まった種牛49頭について救済を求める宮崎県側に対し、政府は「例外は認めない」と厳しい姿勢を取ったが、背景には「感染を食い止めないと日本の畜産全体への信用がなくなる」という強い危機感があるといえそうだ。

           ◇

 日本で10年ぶりに発生した口蹄疫は、海外でもたびたび猛威をふるっている。

 大規模な被害で知られるのは英国での2001(平成13)年の発生だ。被害はフランス、オランダなど欧州連合(EU)諸国にも広がった。英国だけで650万頭が殺処分され、被害額は80億ポンド(約1兆円)に上った。農水省によると、農家への補償だけで約2280億円になったという。

 今回日本で初めて使用されたワクチンで、封じ込めに成功したのは01年に発生したオランダだ。発生から半年で、一定期間発生がなくワクチン接種をした家畜がいない「ワクチン非接種清浄国」として国際獣疫事務局(OIE)に認定された。一方、台湾では09年2月の発生を完全に押さえ込めず、現在もワクチンを使っている。

 現在発生しているのは、アジアではほかに中国、韓国などで、中国では05年以来、断続的に起きている。ワクチン非接種清浄国は今年5月25日現在、豪州、英国、米国など62カ国。ワクチン接種で新たな発生を抑えても輸出に一部制約があることなどから、日本もワクチン非接種清浄国を目指している。

【関連記事】
口蹄疫 「厳戒態勢」の中で競り 和歌山
自公両党、26日に赤松農水相不信任案提出へ
首相、普天間5月末決着「閣議で何らかのことを決めたい」
口蹄疫 「国の責任で防疫徹底を」 九州地方知事会が特別決議
口蹄疫 赤松農水相が陳謝「結果責任はある」
虐待が子供に与える「傷」とは?

28日以降に内閣不信任案提出へ「首相は軽薄で不勉強」 自民、大島氏(産経新聞)
郵政改革法案 衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)
閣議決定に「署名せず」 社民幹事長(産経新聞)
「金に困ってた」と長女=生活困窮、金目当てか―千葉放火殺人(時事通信)
<将棋>羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)
スポンサーサイト

「JAYWALK」中村被告に猶予判決(読売新聞)

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)と麻薬取締法違反(所持)に問われたロックバンド「JAYWALK」のボーカル・中村耕一被告(59)の判決が12日、東京地裁であった。

 藤井敏明裁判官は「芸能界の薬物汚染への批判に目を背けて使用を続けており、薬物への依存性は明らかだが、反省している」と述べ、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)を言い渡した。

 判決によると、中村被告は今年3月8日、東京都港区の駐車場にとめた車内で覚せい剤をのみ込んだほか、同9日、車内や自宅で覚せい剤とコカインを所持した。

 藤井裁判官は判決言い渡し後、「あなたの歌に勇気づけられてきた人を裏切ることは二度としないでほしい。どう償うかを考え、立ち直って下さい」と説諭。黒のスーツ姿の中村被告は「わかりました」と小さな声で答え、頭を下げた。

水漏れで高浜原発4号機が発電停止 関西電力(産経新聞)
千葉で観光バスなど3台事故、12人けが(読売新聞)
<イオン>中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)
<岩手日報社>6月30日で夕刊を休刊 朝刊単独の発行に(毎日新聞)
広島少年院控訴審判決 元教官に猶予判決(産経新聞)

雑記帳 「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)

 JR亀有駅(東京都葛飾区)周辺の商店街に点在する人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の登場人物たちの銅像11体を紹介する散策マップを商店街関係者が完成させ無料で配布している。

 地域の活性化のため商店街などが設置を進めてきた銅像群だが、4月には主人公の両さん(両津勘吉)像の持つマラカスが酔った男にへし折られる事件が発生。関係者による夜間パトロールまで実施された。

 両さんのほか「麗子像」や「本田像」など、11体を巡る所要時間は約30分。漫画では両さんの破天荒な行動が人気となっているものの「観光と散策はルールを守って楽しく」が地元の願い。【山田奈緒】

【関連ニュース】
両さん像損壊:容疑の会社員を書類送検…警視庁亀有署
こち亀:23歳男が自首 両さんの銅像破壊
両さん銅像:亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て
こち亀:両さんの銅像壊される 東京・葛飾
雑記帳:こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有

日米実務者協議がスタート=「桟橋方式」など調整-普天間(時事通信)
青野正「テツモジ」展(産経新聞)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)
<電動自転車>CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)
5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず-普天間(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。